独自のワープロIT画法で世界的評価を受ける浦大典(うらひろのり)さん。鮮やかな色彩と独創的な世界観を表現する作品はどれも幻想的。

撮影協力:ダイワハウス
 
   
浦 大典(うらひでのり)

2005.

2006.

2007.
2007.

2008.






6

10

6
11

8


10

主な出展・受賞暦

イタリア ベネチアビエンナーレ出展
兵庫県知事賞
日中現代芸術大展 入賞
中本誠治美術館 招待個展賞
家庭画報大賞 ウエッジウッド賞
湖都百景芸術大賞展 丁紹光賞
2008年中国北京展推薦賞
第11回全日中展 滋賀県知事賞
兵庫県立美術館原田の森AU国際芸術公募展-
神戸市市長賞
中国 北京理工大学設計芸術学院賞
西安培華学院大学芸術センター特別研究員 
浦ひろのりさんのメッセージ
 3歳の頃から慣れ親しんだワープロIT画法で絵画を描き18年になります。現在は関西大の社会学部3年になりました。見ていただくことが楽しみで出品した絵画や造形が大きな賞につながり、本当に光栄に思っています。また中国やアメリカなどにも招待出品が増え、多くの作家や作品、友人に出会うことができました。
 この10月には北京への招待出展も決まり全国人民政治協商大会堂で展示します。中国の画家や北京の大学とも交流し本格的な感動体験ができると楽しみにしています。
 また10月24日から11月20日まで三井住友銀行大坂中央支店で「銀行始まって以来の大ロビー個展」を開催していただけることになりました。銀行では絵画だけでなく新作の「じゅうたん(100号サイズ)」「紙ネクタイ百連発」を展示予定です。
 がんばります。よろしくお願いいたします。


家庭画報大賞 番傘「夢色の雨が降る」

カーペット「守り神」
この大胆な色使いこそ「浦ワールド」。作者1番のお気に入りです。

受賞作品がこれ!まさにネオクラシック、ウエッジウッド賞も納得です。柄の取り合わせが絶妙です。

カーペット「植物妖怪」
こんな玄関マットがお出迎え!...1日を元気にスタートできそう。

作品名「カマキリの音楽隊」
これがオリジナルの原画です。これがカーペットになると...(右へ)
こんな感じ。
その違いがわかりますか?わかんね〜だろ〜な〜(古い?)
今回の撮影はダイワハウスさんの協力でモデルハウス内で行われました。カーペットの存在感が際立ってました。

浦さんの作品はネクタイにもなっています。ちょっと遊び心のある大人に着けてもらいたい。
作品名「炎の精霊」
原画はどれも細部まで描かれています。写真だとその大きさが伝わりにくいのですが...
実はこんなに大きいのです。新聞見開きサイズの倍!どれも大作なんです。
作品名「変わらぬ夢」
浦大典さんの作品に対するお問い合わせ先 あとがき:キッズカーペット事業部・大野
[アトリエHironori.Ura]
Eメール babkd114@jttk.zaq.ne.jp
TEL/FAX 0797-80-3878
 個性的で観るものを幻想的な世界に引き込んでゆく...そんな浦さんの代表作5点をカーペットにしてみました。サイズはどれも2M級のラグマットサイズ。複雑なラインと個性的な色使いを忠実に再現するため、時間をかけて織り上げた自信作となっています。
 現在、関西大学社会学部に在学中の浦さん。アーティストとの2足ワラジで超多忙のはず。それでも「絵は世界共通のもの。描くことと大学で学んだことを通じて、人と人のつながりを大切に持ち続けたい」と話してくれました。
私たちも微力ながら応援します!